インターネットによる様々な詐欺被害と手口

 
ネット詐欺対策

自然との調和を目指す企業です

ネット詐欺

ネット詐欺はネット人口の半数以上が被害に遭っていると言われています。

2人に1人は何らかの詐欺に遭っているのです。種類や手口も様々で被害金も数千円から数百万円に上っています。

これらの詐欺は基本的に『無視!』するのが一番良い対処法なのです。ネット上では、電子消費者契約法に従い何かを 売り買いするので、規約や利用料金の提示が無い場合は、請求する権利も支払う義務も無いのです。

しかし、心配になって相手に連絡をしてしまうと「思うつぼ」です。詐欺師側はコチラの情報は何も知らないということたけは覚えておいてください。

もし、騙されてしまい詐欺被害に遭ったら被害金の回収はプロに相談しましょう。

自然との調和を目指す企業です

詐欺の被害に遭ったら探偵に相談するのが先決です。

弁護士は詐欺を立証する証拠が無ければ動けないのです。

証拠収集のプロが探偵なのです。先に弁護士のところ行ってしまうと時間のロスなのです。1日も早く証拠を集めなくてはならないからです。

姿の見えない相手(詐欺集団)を相手にするのですから探偵に調査を依頼して積極的に被害の回復に努めましょう。

10万円未満の被害金であれば、諦めた方が良いです。調査費用で同じくらいかかります。100万円以上なら多少の費用を掛けても 回収の見込みがあれば依頼しましょう。

ここで費用を出し惜しみした人は、被害金の回収は難しいでしょう。詐欺被害に遭ったらお金を掛けなければ何も始まらないのです。 調査費用を出すか泣き寝入りするしかないのです。

ワンクリック詐欺の手口

ネット上にあるURLをクリックしたら「契約完了しました」という画面が表示しっぱなしになる。 利用料金を下記口座へ3日以内にお支払い下さい。この手はパソコンの画面に請求画像が常に一番前 にきて、支障をきたします。アダルトサイトによく使われる詐欺である。

詳細を確認する

有料サイト退会料請求の手口

この手口は、無作為に送られるめーるから始まる。「有料サイトの利用料が未納になっています。」 という内容。心当たりはなくても記載されている連絡先に電話をすると、未納料金に対して裁判をする。 といって不安をあおり、ちゃんと払ってくれるなら和解するつもり.......

詳細を確認する

フィッシング詐欺の目的

フィッシングサイトの目的は、クレジットカードの番号やネットバンクの口座番号等とパスワード の入手が目的です。無作為に送ったメールにURLを記載して「騙しのサイト」に呼び込むのである。 そのサイトは、実際にあるショッピングサイトや金融機関のサイトに似せた騙しサイトです。

詳細を確認する

ネットオークション詐欺の手口

この手口は簡単で、ネットオークションで落札し、代金を支払っても商品が届かない、出品者と連絡が 取れない。といったケースがほとんど。出品物は小物から自家用車に及ぶ。落札者は、出品者に対しての 口コミや評価を目安に取引をするが、この評価も予め意図的に仲間内で作成したものだ。

詳細を確認する

アフィリエイト詐欺の手口

この手口は簡単で、ネットオークションで落札し、代金を支払っても商品が届かない、出品者と連絡が 取れない。といったケースがほとんど。出品物は小物から自家用車に及ぶ。落札者は、出品者に対しての 口コミや評価を目安に取引をするが、この評価も予め意図的に仲間内で作成したものだ。

詳細を確認する